外科医から求められる能力

外科医から求められる能力

手術は何人かの専門家が集まってチームとして行っていきます。オペを担当する外科医、その助手の介助医、麻酔導入を行う麻酔医、生命維持装置の操作をする臨床工学士、そして手術室看護師です。チームがうまく機能するためには、看護師の存在が重要になってきます。チームのトップに立つ外科医は、看護師に対してどのような能力を求めるのでしょうか。

LINEで送る
Share on LinkedIn

コミュニケーション力

コミュニケーション力

先述の通り手術はチームプレーで進めていくので、円滑なコミュニケーションが重要になります。そして、そのコミュニケーションは看護師を中心に行われていきます。外科医や麻酔医などの間に立つパイプ役として、重要な役割が求められるのです。普段からチームのムードメーカーとして良い雰囲気をもたらすような振る舞いが求められるでしょう。逆にチームの雰囲気が悪くコミュニケーションが不足していると、思いがけないトラブルを引き起こす可能性が高くなります。コミュニケーション不足が結果として患者さんの命の危機につながる可能性があるということです。そのため、コミュニケーション力は手術室看護師にとって非常に重要なものです。

知識と技術の向上

知識と技術の向上

医療技術は常に進化し続けています。そのため、知識をどんどん更新していかなければなりません。教えられたことは必ず復習し、空いた時間には新しい知識を付けるための勉強をしなければなりません。また、研究会や学会への参加も知識を吸収するためには必要です。
さらに、知識だけではなく技術に対する向上心も求められます。経験豊富な看護師の動きを観察し、技術を吸収していきましょう。特に、器械出しは技術が必要な作業なので、常に向上心をもって取り組んでいくことが求められます。最近では、医療技術の進化によって開腹手術から鏡視下手術への移行が進んでいますので、それに伴った知識と技術がより必要になってくるでしょう。

管理能力

管理能力

手術室看護師としての経験を積んだら、リーダーとして手術室全体をコントロールする役割を求められるようになります。手術室ごとの進行状況を把握しながら、緊急手術があった場合の人員の配置などを考える必要があります。医師たちとのコミュニケーションもしっかりとって、緊急手術の際には緊急度などの必要な情報を集め、各部門と連携しながら対応していくことになります。もし緊急手術が重なるような状況になった場合には、各部門と相談して受け入れの順番を決めていかなければなりません。コミュニケーション力と臨機応変さ、そして全体をみたうえで管理していく能力が求められることになります。

手術室看護師について興味のある方

当サイトでは、手術室に勤務する手術室看護師について、仕事内容やキャリアについて、そして転職に関する情報などを紹介しています。手術室看護師に興味のある人はぜひ参考にしてください。【MAIL】